Categories
Uncategorized

その場しのぎとは、文字通り一時的に使う案だ

優勝争いは終わった。 現在の位置と実力を謙虚に受け入れ、残りの試合と現実的な目標に集中しなければならないはずだ。 ホームでの屈辱的な敗北は傷が大きいが、相手がリーグ13連勝を走っていたマンチェスター·シティという点を考慮すれば、ある程度予想して心に決めたことだ。
リバプールは58年ぶりにホーム3連覇という不名誉な記録を達成し、マンシティは03年以後、アンフィールド遠征勝利(6分け13敗)の輪を断ち切った。스포츠중계 特に、ペプ·グアルディオラはアンフィールド遠征で初勝利(1勝5敗1分け)を満喫する気炎を吐いた。
最近絶頂のフォームを見せているマンシティのMFイルカイ·ギュンドガンとリバプールの中央を担うMF「ティアゴ·アルカンタラ」の対決構図が試合前から話題になっていた。 あいにくにもギュンドガンとティアゴは、相手チームの監督と師弟関係でもあった。 もちろん、この対決は一方的な完勝で判決が出たが、
もしやと思ったが、やっぱりだった。 新入生「オザンカ·パク」のEPLデビューは、次の機会に延期された。 リバプールは再びファビニュ-ヘンダーソンでセンターバックを組み、MFはティアゴ-ベイナルドゥム-ジョーンズ、FWは「女房ライン」に出た。 この文章を書きながらも感じることだが、先発ラインナップがだんだん退屈し、陳腐な感じを受ける。 「変化が必要だ。
マンチェスター·シティは絶頂の守備力を見せているディアス·ストーンズがセンターバックに出て、左側フルバックはジンチェンコ、右側はカンセルが出た。 MFはロドリィが3線を支え、ギュンドガンとベルナルド·シルバが攻撃的に動く逆三角形の形で出た。 攻撃手は左右スターリングとマレズ、前方にはフォーデンがパルスナインの役割を引き受けた。
前半2分、ティアゴが荒々しいタックルで警告を受けた。 ボックスツー·ボックスMFのティアゴにとって,早い時間の警告はディフェンスの果敢さとタフさを失わせる要因となった マンシティは瞬間的にMFの位置を変更し、前方圧迫を通じてリバプールのビルドアップを苦しめた。 特に攻撃する時はスピードを速くし、守備する時は守備数を多く取る戦術を駆使して攻守両面で堅実さを見せつけた。 試合を見ながら、マンシティはサッカーが本当にうまいという感じを受けた。
一方、リバプールは序盤、守備に重きを置きながら慎重に接近した。 このような慎重なプレーは前半20分間、両チームのシュート総合を1に導き、競技場内に緊張感を与えた。 前半中盤以降、強固なマンシティの中央守備ブロックを打破するため、リバプールは攻撃方向を中央から側面へ変更した。 これを通じてボール所有権を増やすと同時にシェアと競技力の反発に成功した。
しかし、前半35分、左サイドからアーノルドを抜いてボックス内に侵入していたスターリングがファビニュにつまずき、PKを得た。 キッカーに出たギュンドアンは自信ありげにボールを蹴ったが、ボールはクロスバーの上に浮いてしまった。 前半期の正面対決でケビン·デブラウイナーのミスがオーバーラップする場面だった。
結局、前半戦は得点なしで終わったが、張り詰めた緊張感のおかげで0-0以上の感触を受けた前半戦だった。
思ったよりよく堪えてくれた前半戦の競技力のおかげで、後半戦に内心期待した。 しかし、その期待は後半戦が始まって4分で、マンシティの先制得点によって消滅した。 後半49分、ボールの中へ突っ込んだスターリングがフォーデンにパスを渡し、パスを受けたフォーデンはシュートを放った。 アリソン·ゴールキーパーがシュートを放ったが,流れ出たボールをゴンドガンが締めくくり得点した.
リバプールもカーティス·ジョーンズが時々脅威的な姿を見せたが、相対的に攻守の間隔が広いため攻撃支援に困難を感じた。 しかし、後半61分、アーノルドが前方に出したパスをサラがディアスと競り合いで反則を誘導しPKを得た。 サラは落ち着いてシュートを放ち、リーグ16号目のゴールに成功した。
後半66分、リバプールは2枚の交代カードを相次いで使った。 ティアゴとジョーンズがアウトになり、シャキリーとミルナーが投入された。 中盤での活動量を増やすという戦略だった。 しかし、後半73分から10分間、リバプールはじゅうたん爆撃を受け、敗北を喫した。
後半73分と76分、アリソンGKが相次いでパスミスを犯し、ギュンドガンとスターリングに失点した。 戦意を失ったリバプールは83分にフォーデンにさえ追加失点し、12年ぶりにホームで4失点を許す不名誉な記録をもう一つ追加した

답글 남기기

이메일 주소를 발행하지 않을 것입니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다